ヤマシタリョウの竹

竹レポート in山下眼鏡工房

Tue, November 23, 2010 9:00

Ueda

煤竹と黒竹の違いをご紹介します。
煤竹と黒竹の見分けるポイントは 竹の裏側の色。
写真上は黒竹、下は煤竹です。

藁葺き屋根の梁として使われていた煤竹。
煤竹は200年近く煙に燻されている為、内側まで煤が入り込んで茶色くなっています。
黒竹は生えているときから黒いのが特徴で比較的新しい材料なので内側は白っぽい色をしています。

I introduce difference of Susu-take and Kuro-chiku;means Black-bamboo.
The point of difference is the color of inside.
Upside is Kuro-chiku,downside is Susu-take.
Susu-take was used old thatch roofing house.It passed more than 100years to 200years.
It is dyed by stack air,inside is colored of brown.Kuro-chiku has black skin naturally,inside is white color.

材料の竹は真竹(マダケ)と呼ばれ日本古来の品種で大きくなっても直径5センチ程度の太さにしかなりません。タケノコで良く食す竹は孟宗竹(モウソウチク)という品種で、太く育つのが特徴の外来種です。
ヤマシタリョウの眼鏡に使われる竹にはいろいろな種類があります。

写真上:一番左が煤竹、次の2本は黒竹、右から2本は白錆(竹)です。

白錆は青い竹を切って日にさらし、青色が抜けたもの。一番経年が楽しめる素材です。
他にも薫竹(クンチク・白錆を燻して表面を飴色にしたもの、煤竹に似た表情を楽しめます)
波紋竹(ハモンチク・表面に模様が入る竹、独特の表情です)などがあります。

店頭でご紹介しているアイアンバンブーのテンプルは黒竹です。
シリーズがスタートした時は写真のような黒く模様の少ない竹を使用していたそうです。
今店頭でお見せできるものは、少し斑点があり茶色がかったテンプルですがどちらも黒竹です。

下の写真、白い模様が入ったものと濃い茶色のものがありますが全て煤竹です。
白い模様は比較的新しい煤竹、といっても100年以上は経っています。縄目の跡が残って模様になっています。
200年近く経ったものでは、何度も繰り返し使われてどんどん煤が入っていき、縄目も結び替える度にずれて模様も煤に染まって濃い深い色合いになります。

山下眼鏡工房では、京都の竹問屋さんから仕入れた竹をアトリエで3年〜5年ほど寝かせ、虫が喰ったり、反ったり割れたりする竹でないかどうか、眼鏡に適した素材かどうか見極めているそうです。
私が訪ねた時にも、いろいろな種類と表情の竹が出番を待っていました。
作家の想いと手が創り出す眼鏡。この竹たちがどんな眼鏡になるのか、楽しみですね。

Bamboo of material is Madake. It’s original japanese bamboo. It’s has slim body.
We often eat Takenoko, it is Mousou-chiku from asia.
Yamashita use many kind of bamboo for his works.
Upside;left -Susu-take,center-Kuro-chiku,right-Siro-sabi(take)
Siro-sabi is Ao-take. It is cut and put it in the sun,the color changed white.It is most transmutative.
Other bamboo,Kun-Chiku;It is smoked of Siro-sabi.Like Susu-take skin.
Hamon-chiku; it has weave skin.

In 4-AD,Iron Bamboo series has Kuro-chiku temple.
When it stared,he had used the bamboo more black skin without pip.
Now we can show you more brown with pip one. But both of them are Kuro-chiku.
Downside photo,all of Susu-take.
White line is rope print,about 100years ago.
More than 200years, more dark brown and no rope print because it had been smoked between long time.

In Yamashita-Gankyo,he bought from bamboo dealer in Kyoto.
He let it stand about 3 to 5years.Because he checks it is best bamboo for his frames or not.
When I visited his atelier,many kind of bamboo waiting their chances.
Mr.Yamashita makes the spectacles with his heart.
I hope to meeting his works used them.

RELATED POSTS