山下眼鏡工房 アトリエ訪問

東京都世田谷区桜ヶ丘

Sat, November 20, 2010 8:21

Ueda

先月4-ADで企画展示をしたヤマシタリョウさんの眼鏡が、どんなことろで創られているのか見せて頂きました。
ここで一点ずつ丁寧に創られていく眼鏡たち。
整然と並んだ道具たちは一見なんに使うのか分からないものが多数。
日本古来の道具は人の感覚にとても近くて、機械ではできない微調節ができるんだそう。
壁に掛けられた無数の眼鏡型はオートクチュールのお客様の型。一度創った型は残してあるそうです。
繊細な手仕事、眼鏡が出来ていくところを、隣でずっと見てみたいと思いました。
煤竹と黒竹の違いについては次の記事でご紹介します。

I visited in Yamashita Optical’s atelier last month.
This is his atelier. He work here with many kind of tools.
I did not know how to use the tools,but he needs for his sensitive works.
Old japanese tools can do the detail-related works that can not by machines.
On the wall,there were many piece of  glasses mold. It’s order made for the customers.
He left all of the mold for his customers.
Sensitive hand works,I hoped to watching all of his works,all the while.
I will introduce the difference of Susu bamboo and Black bamboo on next title.

RELATED POSTS